転職面接の結果が遅い理由って?期間って普通はどれくらい?

転職面接の結果が遅い理由って?期間って普通はどれくらい?

スポンサーリンク

「面接結果が遅い」「面接結果が来ない」そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、面接結果の通知が来る一般的な期間や、面接結果が遅い場合の対処法などを紹介します。

基本的には結果は面接の翌日から3日以内!しかし場合によっては1~2週間後になることも

面接の結果通知は、一般的には面接の翌日から3日以内が多いです。

ただ、1~2週間かかる場合もあり、遅いと1ヶ月ほどかかることもあります。

面接の結果連絡が遅い理由

ではなぜ面接の結果連絡が遅い場合があるのでしょうか。

【考えられる理由1】採用担当者が忙しい

企業の採用担当者は面接だけでなく、その他の業務も同時に行っています。

そのため、他の業務で忙しく結果を決めかねていたり、通知を出すのが遅れてしまっている可能性があります。

また、企業によっては上司の判断が必要だったり、人事や採用先部署で会議を行い最終的に決める場合もあるので、そういったことも要因として挙げられます。

【考えられる理由2】他の候補者の面接がまだ済んでいない

他の候補者の面接がまだ済んでいない為、あなたへの結果通知ができないでいる可能性があります。

例えば、他の候補者の面接日はあなたの面接日の1週間後、もう一人の候補者の面接日はさらにその1週間後、といったようなスケジュールが組まれていたりすると、あなたが面接を受けてから少なくとも2週間は連絡が来ないことになります。

企業側は、「他の候補者の面接が2週間後まであるから、それまで結果は待っててくださいね」と、わざわざ教えてくれないことの方が多いです。

【考えられる理由3】誰を採用するか迷っている

採用の判断に時間がかかっていることが原因で、結果通知が遅れてしまっている可能性も考えられます。

面接に来た人が優秀な人材ばかりだったり、皆同レベルで頭一つ抜きんでている人材がいなかったりすると、誰を採用するべきか判断に迷ってしまうことも多いです。

転職で面接の結果通知がなかなか来ない時、どうすれば?

1~2週間面接の結果通知が来ないと、もしかしたら忘れられているのでは…と不安な気持ちになるかと思います。

ただし、そんな時ただただ通知を待っているだけでは時間の無駄ですので、別の会社の転職活動を進めてしまいましょう。

基本的には、採用が決まるまでは同時進行でどんどん転職活動を進めてしまって良いと思います。

それが転職活動を効率良く進めるためのコツです。

面接の予定がこの先何社もある状態で採用通知が来た場合は、その企業への入社を決めてしまい、その他の面接先には断りの電話を一本入れれば済む話です。

面接の結果を問い合わせても大丈夫?

面接の結果を企業に問い合わせることは、相手を急かしてしまうことになるので、基本的には避けるようにした方が無難です。

しかし、あまりにも長い期間連絡が来なければ話は別です。面接の結果は非常に重要なことですので、気になるのは当然です。

目安として、2週間待っても連絡が来なかった場合、問い合わせをしてみるといいでしょう。

ただし、問い合わせの仕方には注意しましょう。催促じみた言い方は避け、失礼の無いように問い合わせをすることが大切です。

採用通知の問い合わせメールのサンプルを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

採用通知の問い合わせメールのサンプル

【タイトル】
XX月XX日の中途採用面接の結果につきまして【氏名】

【本文】
○×株式会社

人事担当 △△様

拝啓 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

XX月XX日に、中途採用面接をさせて頂きましたXXXXでございます。

先日はお忙しい中、貴重なお時間を割いて面接の機会を設けて頂き、誠にありがとうございました。

面接を行ってから二週間ほど経過しておりますが、その後の選考状況はいかがでしょうか?

お忙しい中大変恐縮ではございますが、採用結果につきまして、何日頃ご連絡をいただけるか教えていただくことは可能でしょうか。

このような催促がましいメールを差し上げ、大変失礼かと存じますが、何卒よろしくお願い致します。

敬具

まとめ

転職において、面接からどれくらいで結果通知が来るかは明確な決まりがありません。

そのため、面接を行った即日に結果が来る場合もあれば、1・2週間待っても連絡が来ない場合もあります。

結果通知がなかなか来ないのには、企業側で様々な理由があるのですが、面接結果を待ち続けるのは誰だって嫌だと思います。

目安として、2週間ほど待って連絡が来なかった場合、問い合わせをするようにするといいでしょう。

面接対策に強い転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、最大手リクルートグループが運営する転職エージェントです。

とにかく求人数が多いのが大きな特徴であり、幅広い職種の求人を取り扱っています。

また、リクルートエージェントには業界ごとの専属チームがあるので、転職者に的確なアドバイスをしてくれます。

さらに、求人分析レポートの提供や、面接力向上を目的としたセミナーの開催など、リクルート独自のサポートサービスが魅力的です。

dodaエージェントサービス

doda転職エージェントは、エージェントのサポート力に定評があるエージェントサービスです。

転職者のキャリアを客観的に整理し、客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイスしてくれます。

求人数が多く、転職サイトには公開されていない非公開求人が多いのも特徴です。

他のサービスには無い独自の求人も豊富なので、選択肢を増やしたいという人には、特におすすめです。

ワークポート

ワークポートはIT・WEB・ゲーム業界に強い転職エージェントです。

IT未経験で挑戦できる求人も豊富なので、これからIT業界にチャレンジしたいといった人にもおすすめです。

IT専任のコンサルタントによるきめ細かいサポートに定評があり、業界の内情や最新動向に精通しているので、心強いサポートが受けることができます。

気になる企業の転職口コミ情報をチェック!

「気になる企業があるけど、どんな会社なのか詳しく知りたい」

そんな時は転職口コミ情報をチェックしましょう!

「転職会議」は会員数は500万人以上、国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を掲載しています。

日本中の企業の口コミが集まっているから、これから転職を始めようとしている人や、今現在転職活動中という人に役立つこと間違いなしです。

さっそく会員登録(無料)をして、企業の口コミ情報をチェックしてみましょう!

コメントを残す

*