結婚と転職のベストなタイミングは?両立させるにはどうしたら?

結婚と転職のベストなタイミングは?両立させるにはどうしたら?

スポンサーリンク

「今の職場では、仕事と家庭の両立が難しそうだから転職を検討したい」

といったように、結婚を控えた女性が仕事と家庭の両立ができる企業へと転職をしたいと思うのは自然な流れだと思います。

それでは、結婚と転職を両立させるにはどうしたらいいのでしょうか。

転職するタイミングは結婚前?結婚後?

転職するのは結婚前にするべきか、それとも結婚後にするべきか、悩む方も多いかと思います。

これに関しては、どちらにもメリット・デメリットがあるので一概に断言することはできません。

それぞれのメリットをご紹介しますので、ご自身の今後の将来設計(子供を生みたいのか、キャリアアップをしていきたいのか等)に応じて、考えるようにするといいでしょう。

結婚前に転職する場合

転職を先にする場合のメリットは、転職活動をする段階では、結婚もしてなければ子供もいないので、基本的に入社後はフルタイムで働くことが出来て残業も可能であるため、転職先企業の選択肢の幅が広がります。

しかし、転職してからしばらくは、出産や子育てがしにくくなる可能性があります。企業にもよりますが、入社後1年未満だと育児休暇が取れないといったケースが多いです。

また、転職してすぐは、新しい職場に慣れることが精一杯になるかと思います。

出産や育児は、新しい職場に慣れるまで(1~2年)は難しくなってしまうかもしれません。

結婚後に転職する場合<

結婚を先にする場合のメリットは、これまでキャリアを積んできた会社ですので、産休・育休の取得がしやすく、周りのフォローも受けやすいというところでしょう。当然育児が落ち着いてくれば、そのまま復職することも可能です。

しかし、その後すぐに転職をするのは難しくなります。子供が小さいうちはどうしても時間的な制約が生じやすいので、採用に慎重になる企業が多くなります。

自分の希望に沿った企業へと転職をしたいといった場合には、子供が大きくなるまでは難しくなってきます。

タイミングについては、繰り返しになりますがどちらが正解ということはありません。あくまでも参考程度に捉えていただければと思います。

転職理由が結婚では不利?

結婚が理由で転職する場合、転職理由をそのまま「結婚」と伝えていいものかどうか疑問に思う方も多いかと思います。

転職理由が結婚である場合には、いくつか注意点があります。

女性の転職理由が結婚であると聞くと、採用担当者は「家庭の都合でまた転職するのでは」「入社してすぐに妊娠・出産して辞めるのでは」ということを気にします。

そのため、採用担当者の不安を取り除くために、下記3点をしっかりと伝えるようにしましょう。
・家族の理解を得ていることを伝える。
・妊娠出産についてはしばらくは予定していないと伝え、出産をしてもその後も長く働きたいという意思を見せる。
・これから挑戦したい仕事について具体的に説明する。

企業探しをする上でのポイント

結婚を機に転職活動をする時に、チェックしたいポイントを紹介します。

産休・育休制度が存在しているか

産休・育休制度が存在しているかは必ずチェックするようにしてください。また、時短勤務制度が存在するかもチェックポイントになります。

実際に社員がそういった制度を取得した実績があるかどうかもチェックするようにしてください。

過去に実績があれば、その会社は少なからず家庭と仕事の両立に一定の理解がある会社であると思っていいでしょう。

平均残業時間・休日出勤の有無

残業時間が多かったり、休日出勤の頻度が多いようだと、家族と過ごせる時間が減ってしまいます。

周りが忙しい中、自分だけ休みを取ったり、時短勤務をしていると申し訳ない気持ちになり、いずらくなってしまう人も多いようです。

出張や転勤の有無

結婚して家族ができると、長期出張や転勤があると自分だけの問題ではなくなってきます。家族にも影響してくることなので、出張や転勤の有無はしっかりと確認しておくようにしましょう。

結婚や出産後も安心して長く働ける会社を多く取り扱っている転職サイト

結婚や出産後も安心して長く働ける会社を多く取り扱っている転職サイトは「女の転職@type」です。

女性に特化した転職サイトで、育児との両立が可能な求人が豊富にあります。

女性の転職に必ず役に立つ転職サイトですので、ぜひ登録しておくようにしましょう。

当サイト一押し転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、知名度の高いマイナビグループが運営する転職エージェントです。

20代や第二新卒向けの求人に強く、他社には無い独占求人も多く所有しています。

また、コンサルタントのサポートの質が非常に高いと評判であり、20代や第二新卒などの職歴の浅い人に対しても「職務経歴書作成」「志望動機・面接対策」「今後のキャリアプラン」等々徹底してサポートしてくれます。

交渉力が強いのも大きな特徴で、企業とのパイプが太いという強みを活かし、年収交渉や入社日等の転職者が不利になりやすい交渉も、しっかりと行ってくれます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、最大手リクルートグループが運営する転職エージェントです。

とにかく求人数が多いのが大きな特徴であり、幅広い職種の求人を取り扱っています。

また、リクルートエージェントには業界ごとの専属チームがあるので、転職者に的確なアドバイスをしてくれます。

さらに、求人分析レポートの提供や、面接力向上を目的としたセミナーの開催など、リクルート独自のサポートサービスが魅力的です。

弁護士による退職代行のご案内

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

「会社を辞めたいけど上司に言いづらい」

「会社を辞めさせてもらえない」

「自分が辞めると会社に迷惑がかかる」

そんなお悩みを抱えていませんか?

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスなら、会社を辞めたくても辞められない人の代わりに、退職の連絡や必要な手続き等をすべて代行して行ってくれます。

弁護士事務所による退職代行サービスなので、弁護士が直接対応してくれます。

非弁業者と異なり、法律的にしっかりと対処してくれるので、退職後のトラブルなどの心配もなく、安心して任せることが出来ます。

コメントを残す

*